コンプライアンス基本方針

弊社はコンプライアンスを経営上の最重要課題のひとつと位置付け、すべての役員・社員が、企業の社会的責任を常に認識し、コンプライアンスを実践する態勢を構築するため、下記の通りこの基本方針を定めます。

基本的な取り組み

  1. 株式会社ユニティーは、事業活動のあらゆる場面でコンプライアンスを徹底します。
  2. コンプライアンスとは、「株式会社ユニティーの事業活動に関連するすべての法令、および会社が定める社内規定を遵守し、公正な事業活動を実践すること」とします。

コンプライアンス態勢の強化

体制の構築
  1. コンプライアンス委員会を本社管理本部内に設置するとともに、コンプライアンス態勢の確保のために必要な権限を付与します。
  2. 株式会社ユニティーの役員・社員がコンプライアンス上問題となる行為を発見した場合の報告・相談体制を整備します。

 

推進活動の実施
  1. コンプライアンス実践の具体的手引書としてコンプライアンスガイドを配布し、周知徹底します。
  2. コンプライアンス・プログラムを具体的な実践計画として実施します。
  3. コンプライアンスを徹底するための研修や点検を行います。
  4. コンプライアンス上問題となる行為については、速やかに是正するとともに、原因を分析し再発を防止します

役員・社員の行動基準

誠実な行動
  1. 法令等を遵守するとともに、法令等に違反する行為を発見したときは、関係者と協力して是正します。
  2. あらゆる場面で、あらゆる人に、誠実かつ公平・公正に接します。
適正な事業活動を支える行動
  1. 談合等の競争制限や取引上の地位を利用して不正な利益を得る等の不公平な取引は行いません。
  2. 知的財産権を保護するとともに、他者の知的財産権を侵害しません。
  3. 自己または第三者の利益のために、会社の利益またはお客様の利益が損なわれることがないように行動します。
  4. 業務上の立場を利用して、私的な利得行為は行いません。
  5. 社会通念の範囲を越えた接待・贈答は受けません、行いません。
  6. 業務上知り得たお客様情報は厳正に管理し、定められた目的以外には利用しません。
  7. 業務上知り得た従業員・役員および社外の個人情報については、対象となる業務目的のみに使用し第三者に情報が漏洩しないよう厳重に管理します。
反社会的勢力に関する行動
  1. 反社会的勢力に対しては、組織全体として対応を図るとともに、反社会勢力に対応する従業員の安全を確保します。
  2. 反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。
  3. 反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。
  4. 反社会的勢力に対して、裏取引や資金提供は絶対に行いません。
人権尊重・職場環境確保に関する行動
  1. 人権を尊重し、人種、国籍、性別、年令、職業、地域、障害の有無等による差別やハラスメント行為を行いません。
  2. 安全、衛生、防災に係る法令を遵守し、安心して働くことが出来る職場環境の整備と、事故・災害の防止に努めます。

以上

平成29年 3月吉日

株式会社ユニティー
代表取締役 林 洋一

コンプライアンス基本方針