2020年7月17日更新

株式会社ユニティー 安全衛生委員会委員長


0.ガイドラインの目的

  1. 事業継続をしながら、社員を含む弊社に係わるすべての人が健康的に安心して働くため
  2. お取引先、アルバイト、社内、家族等に感染者を出さない、増やさないため
  3. 国や都道府県、お取引先からの要請変化に対応できるように準備するため

※ 上記目的の迅速な対応の為に、対策本部、安全衛生委員会を適時開催のこととする。尚、本ガイドラインは状況に応じて変更いたします。

1.社内勤務について

  1. 起床時の体温が37.5℃以上、風邪の症状、強い倦怠感、味覚臭覚の異常がある場合は可及的速やかに報告し自宅待機
  2. 交通混雑を避けるための「時差出退勤」の積極的な実施
  3. 3つの密を避けるための「時短勤務」「有給休暇・特別休暇の積極的取得」の推奨
  4. オフィス内でのマスク着用推奨
  5. オフィスの出入りの際の手指の消毒の徹底

2.社外勤務(現場)について

  1. 発注者、会場・施設等の現場に適用されるガイドラインルールの徹底順守
  2. 社外勤務する者へ前日に前1週間の健康状態を確認
  3. 社外勤務当日の健康状態の確認(起床時の体温が37.5℃以上、風邪の症状、強い倦怠感、味覚臭覚の異常がある場合は勤務禁止)
  4. 直近の1週間以内で38.0℃以上の発熱があった場合は自宅待機
  5. こまめな手洗い・うがいを行う
  6. 飛沫防止のためのマスク・マウスシールドの使用
  7. 作業中、休憩中を問わず出来る限りソーシャルディスタンスを取る
  8. 作業中、休憩中を問わず大きな声での会話は控える
  9. 工具の使いまわしは出来る限り控える

3.会議・セミナー・研修・打合せ・ミーティング/出張について

  1. 20名以上の社内会議の自粛
  2. 会議はソーシャルディスタンスを取り、十分な換気を行い実施
  3. セミナー・研修への参加は自粛
  4. 社外での不要不急の打合せ・ミーティングの自粛
  5. 会議・セミナー・研修・打合せ・ミーティングはリモートを推奨
  6. 不要不急の出張自粛

 

ガイドラインに基づく実施事項(一部抜粋)

  • ・従業員へのマスク支給
  • ・事業所入口に手指消毒液の設置
  • ・感染対策指導と情報共有
  • ・社内打ち合わせのリモート開催
  • ・現場対応へ向けての、試験的マウスシールド、マスク着用による社内講習実施
  • ・来訪者、求職者対応のための感染対策シート設置

 

【写真説明】マウスシールド、マスク着用による社内安全技術講習 (写真左/中央)危険・不安全行動指導 (写真右) 来訪者、求職者対応のための感染対策ビニールシート設置

 

参考・準拠資料

※ 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/ bunya/0000164708_00001.html

※ 一般社団法人日本展示会協会「展示会業界におけるCOVID-19感染拡大予防ガイドライン」https://www.nittenkyo.ne.jp/image/ covid19_guideline_200610.pdf